オピオイドと早漏や肥満の治療

オピオイドとは麻薬性鎮痛薬や合成鎮痛薬などの内因性または合成ペプチド類の総称であり、紀元前よりケシの果実から採取されたアヘンは鎮痛薬として使われていたのですが、19世紀初頭にはその主成分としてモルヒネがアルカロイドとして隔離されました。
1970年代にはオピオイドの作用点として受容体が存在することが分かり、内因性モルヒネ様物質の探索が行われるようになりました。
オピオイドによる離脱症候群としては、渇望や不安、不快、発汗、不眠、吐き気、嘔吐、下痢、けいれん、筋肉痛、発熱などといったものが挙げられます。
モルヒネなどの短時間作用型の薬物の場合、最後の摂取から8~12時間以内に離脱症状が発症し、48~72時間でピークに達し、7~10日後には消えていくということです。
長時間作用型の薬剤の場合、離脱症状は1~3日となっていることも多く、軽度の症状が長く続くことが一般的です。
また、そのような急性の離脱症状に続き、数週間から数か月にわたってはっきりとしない症状が続くこともあります。
オピオイドは作用量と有毒域が近いため、薬事法では劇薬に指定されています。アメリカでは医薬品のオピオイドによる死亡がかなり多く、違法薬物などよりも多いということです。
死因ファイルによる中毒死のうち4割を占めているのですが、オピオイド系鎮痛薬による中毒死はかなり増えてきています。
早漏や肥満で悩んでいるという場合、専門の病院やクリニックを探してみると良いでしょう。
「早漏 治療」や「肥満 治療」などといったキーワードで検索することにより、早漏や肥満の治療を受けられる医療機関の情報が簡単に見つかります。早漏や肥満は早めに治療した方が良いでしょう。